topimage

2017-04

心配症? - 2016.07.11 Mon

参院選、終わりましたね。
こんなに危機感のある中での選挙、投票率は過去ワースト4って・・・。
50%を超える大半な人が政治に興味がなくて、この国でこのまま生きていく覚悟はあるのかな~と心配になってしまいます。
もちろん、行きたくても行けなかった人はたくさんいるんでしょうが。

私達の世代がずっと学んできた過去への反省、世界平和への希求、過ちは繰り返さないという誓い・・・これはもう人前で発言すると恥ずかしい部類のことになってしまっているのでしょうか?

私の知ってる私の父の父は、父の本当の父ではありませんでした。
父の本当の父は戦争で命を落とし、戦後に父の母が再婚した人でした。
父は長男でしたが家を出ました。
私の知ってる父の父は、晩年入院していました。
もういよいよ危ないという時に、「私は戦争でたくさんの人を殺した。こんなに苦しいのはその罰なのかな」と言っていました。
子ども心に怖かった。
人を殺したという祖父が。
でも市井の人達にどんな罪が問えるのでしょう。
きっといろいろな後悔や葛藤、人に言えない辛さもたくさん抱えていたんだと今なら思います。

今も昔も指示をするだけの人は、直接手を下さず、今やゲーム感覚とも言える攻撃が主流です。
攻撃する側はゲームのようでも、攻撃される側には、罪のない人達も、無垢な子どももいます。
日本はずっと攻撃をしない国でした。
それは少なくとも私が生きている間は続くと思っていました。いや、まだ思っています。

でも、なんだかきな臭いこの状況に不安になります。
この国の与党の長のいう正義はアメリカの正義でしかない。
アメリカの正義は、今までも何度も過ちを繰り返してきました。
攻撃の先には命があり、命を傷つけられる人も傷つける人も、悲しみしか残りません。
私の親族が、娘の恋人が、配偶者がそんな立場になったら??
、、、、そんな目に合わせたくはない。
私は考え過ぎなのでしょうか?

今、憲法は変えなくてはいけないのでしょうか?
変えることに躍起になっている人は、その悪影響はきっと受けません。
憲法は国民を守り、為政者の権限を縛るものです。
それを為政者が変えると言っているのは、明らかに国民の権利を狭めることしかありません。
草案も酷いものです。
支持者の方々はそれを知ってて、今の与党を支持しているのでしょうか?

YouTube版 くらべてみよう 現憲法と改憲案

私は人一倍心配症なのかもしれません。
こんなことを書いている私のことを、おかしいと思う人もいるのかもしれません。
しかし、世界的な平和を求める日本国憲法の前文まで変えようとしている、この国をリードする立場にある人を私はどうしても信用できない。

こんなことを言っている人が隣国の長であれば、過去に被害のあった隣国の人は警戒するでしょう。
今まで武器を持たないことで信頼をしていた遠く離れた国の人も、日本は変わったのかと思うでしょう。
日本が忠誠を誓っているアメリカだって、トランプのような人が大統領になったら、日本の忠誠って何のため?誰のため?となっていくでしょう。

なぜ変えたいのか?
どうして変えなくてはならないのか?
そんなに仮想敵国は切羽つまった危機的状況にあるのか?
変えることで生じるリスクをどう考えているのか?
この選挙では全くと言っていいほど語られませんでした。
案の定、終わってからの後出しジャンケンです。
世界というのはアメリカだけではありません。
そんなのわかりきったことなのに、なぜ?なぜ?

私は手芸を趣味としている一介の主婦ですが、心をもった人間であり、家族を愛し、日本を愛している一般的な人間です。
こういう話をすると、今の日本ではなんとなく危ない奴だと思われるのも重々承知です。
でも、本当に危ないのは、何も考えず、知らぬ間に戻れない状況になっていることなのではないかな?と思います。
憲法の改正案(改悪案)を主張する人は、「今変えても直ちに影響はない」とか「変えたとしてもすぐには行使しない」とか「現実的にあそうはならない」などと言いますが、じゃあ変えなくてもいいじゃん。としか思えません。

国民投票になりませんように。
この国の未来が、過去の悪い時代のようになりませんように。
スポンサーサイト

怖かった・・・不甲斐ない私。 - 2014.12.21 Sun

今日はとても怖い思いをしました。
結構激しい雨の降る中、長女の接骨院に行った帰りのこと。
ふと気づくと、前を走る車が歩いていても抜かせるくらいのノロノロ運転。
しかも、かなり長い時間止まったり、何度も何度もブレーキを踏んでいる。
え?もしかして?
巷で最近よく聞く、「危険ドラッグ」使用者だったりする??

なんて思っていたら、踏切に差し掛かった前の車がなぜか右車線に出る。
前からは対向車が迫ってくる。
え?え?ぶつかっちゃうよ!!

と思ったら、前の車は右へ左へ蛇行したかと思うと、そのまま線路沿いに動き、車道から線路側へタイヤを落として動けなくなってしまった。
オットが急いで踏切の非常停止ボタンを押す。
踏切はカンカン鳴っているけど、どうやら電車は停止しているようで、駅員さんらしき人が走ってやってきた。

そして、バイクを乗っていた方がバイクを降りて運転席へ駆け寄り、「とにかく降りなさい」と。
中から出てきたのは、身なりのきちんとしたかなり上品な高齢のおばあちゃん。
「道がわからなくなっちゃったの・・・」って。

その間にバイクの人は運転席に乗り込んで車を移動させようとし、車輪が線路側に落ちて動かないとわかると、駅員さんとオットがさっと駆け寄って、せーのーで、で協力して車を移動させていた。
そして、そのおばあちゃんと言えば、おどおどして動けなくなってしまっていたんだけど、私たちの車の前で自転車に乗っていた若い女性が自転車を停めておばあちゃんにさっと寄り添って、「大丈夫ですよ。大丈夫ですよ。」と言いながら、傘をさしかけておばあちゃんの肩を抱いていた。

・・・私はと言えば。
ただオロオロするだけ。
雨の中、車を移動するのを手伝ったオットが濡れながら様子を見ているのに、傘をさしてあげただけ。
そして、ただそれだけで手足が震えている自分に気づいた。

あのバイクをさっと降りて助けに行った男性、おばあちゃんの肩を抱いて声をかけ続けていた女性、
非常ボタンを押したり、車の移動を手伝っていたオット。
人のためにすっと身体が動いて、助けてあげられる人達。
尊敬する。
それとともに、自分の不甲斐なさに愕然・・・。

「電車来なくて、本当によかったね。怖かったー。」と、娘達も車内ですごく怯えていた。
日曜の夕方でそれほど電車の本数がなかったのと、それほど混む路線でないのが幸いだった。
目の前でぶつかったら、私も子どもも一生トラウマになってしまいそうで。

娘達にはバイクの人、自転車の人、パパ、、、こういうことの出来る人になろうねと話してはみた。
オットはオットで「俺、なんにもできなかったな」と言っていた。
いやいや、隣にいる私はもっとずっと何も出来なかった・・・。

おばあちゃんはこの後来た警視庁の人にいろいろと聞かれていたけど、大丈夫だったかな?
高齢化社会で車を乗るということは、様々な危険もあるということなんだな。
でも本当に衝突しなくて良かった。

そんな一日でした。

大英図書館のパブリックドメイン達!! - 2014.01.14 Tue

昨年の終わりから、何度か「大英図書館が大英博物館から引き継いだ書物の画像をパブリックドメインで公開している」という記事を読み、見たいなあ~と漠然と思っていました。

先日検索したら、もうその数100万点以上ということで、とてもとても見きれません。
しかも、この公開しているのが「Flickr」というソフトで、しかももちろん英語なので、全然画像が探しきれません。

気が付くと、何時間も見ていたりするのですが、それでも見られるのは数100点くらいで、
どのような画像が掲載されているのかというインデックスのようなものが探し出せない~~。
誰か、英語のお得意な方、教えてくだされ~~。

パブリックドメイン、つまりは著作権のないものになっているので、一応自由にダウンロードしたり、使用したりしてもいいようですよ。

たくさんあり過ぎて、見るだけでも大変ですが、とても魅力的~~!!。
例えば、こんなクリスマス風景や
11230074125_de0d513680_z.jpg

何だか市川崑の「黒い10人の女」風な(全然違うけど・・・)ご婦人達、
11306592715_ecc3a5f988_z.jpg

風景画や
11306173566_18861baea2_z.jpg

建築物の様式美のような挿絵
11306591364_347b490045_z.jpg

全然古めかしくないシルエット画
b01-300x250.png

明らかに知っている話の挿絵(多分・・・)
11306599645_e0f81ec1e7_z.jpg

明らかにジャパニーズなもの
11306494044_cfd5c5b4cc_z.jpg

え??ってものも・・・
11306023625_63a6249545_z.jpg

でも、どうやらまだこれからもっと使いやすいようにしていくのかな?
その協力を求めているらしいのだけど、私の英語力では解読困難・・・
英語力の高い方、私に教えて~~~。

●こちらが大英図書館のブログ→

●こちらがそのFlickr→

素敵なイラストを探して、上手く作品やラッピングなどに取り入れられたらいいな~~。


ランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです 
   ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます!!

真剣に在庫処分!! - 2013.12.02 Mon

気づいたら、もう師走!!
先生も走る!私も走る!!(なんのこっちゃ!?)

今年も残すところ後一か月もないと思うと、なんだか慌ててしまうものです。
そして、何といっても年末と言えば、大掃除!!

大掃除と言えば、断捨離。
断捨離と言えば、在庫処分!!

もう狭い我が家の三か所の押入れを占拠している、私の愛する生地ちゃん達。
時折誘っていただいけるイベントに向けて、買う
→使い切れず残る。
→次のイベントにまた買う
→お友達へのプレゼント制作用に買う
→ダブルで使い切れず・・・・残る。
→娘達にお洋服を作ろうと買う。
→これまた使い切れず・・・残る。
を繰り返し続け、押入れを開けては見なかったことにしてきた、ここ数年間。

多分、もう限界に達しています・・・。
そろそろ成長してきた娘達に責められる日も近い!?

そして一週間入院していたミシンちゃんが、昨日、ご帰還。

てなわけで、今週から来年春までに、真剣に在庫一掃セール!!
いや、在庫ったって生地なんだから、これを形にしないとね。
そして、形にしただけじゃ三次元になってより場所を取るばかりなので、お嫁に出さないとね~。

今週の小学校の保護者会ウィークが過ぎたら、きっとさらに時間が出来るはずなので、今週からちょこちょこ形にしていきたいと思います。

さあ、また私の周りの方に、押し付けていくかも~~!?
さらに、今まではなんとなく億劫だったネット販売にも、考え過ぎて出品を躊躇するということは封印して、節操なくどんどん出していこうと思います。

。。。。と誰に向けてかわからない宣言をしたところで、今日は画像がなくて寂しいので、娘達の話。
長女は11歳、次女は8歳。
今まで髪はずっと母である私が切っていました。
先日、今年の最後の新体操の発表会が終了。
しばらくそんな機会もないので、思い切って髪を切ることにしました。
いつもは髪をアップにしなくてはならないので、前髪も含めてずっと伸ばしているのです。
美容院、初体験。
前日の夜から、ちょっと興奮気味でした・・・。
子どもって単純だけど、何に対しても「初」が付くと緊張してて、そういうところとっても可愛い

長女。
before(切る直前の駐輪場にて)←相変わらずのイキアタリバッタリ・・・・
20131201_200915.jpg
after
20131201_200953.jpg
うーん。アングルが違い過ぎて、違いがわからん。。。
前髪だけはかなり切ったようです。

そして、毎回写真を撮る度に、おでこから光線がでてるんじゃないかと思い紛う次女のBefore
20131201_200924.jpg
そして、after
20131201_200943.jpg
ちょっと普通のおでこ風に見えんじゃない??


そして、母である私は今からベリーショートにしてくる予定。
写真は載せないけど。

宣言したけど、今日はミシンを使えるのだろうか、私・・・。
乞うご期待!?

ランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです 
   ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます!!

こんな季節に高熱出ちゃいましたが・・・ - 2013.04.11 Thu

あれ?何だか喉が痛いな・・・と思ったのが、一昨日のお昼。
急にきたお友達とちょっとおしゃべりして、しばらくして帰宅した長女が「頭痛がする」というので、布団を敷いて寝かせ、あれ?何だか私もちょっと寒気がするから、隣にお布団敷いちゃおう~なんて、軽い気持ちで布団に入ったら、酷い悪寒と喉の痛み、そして身体中の筋肉が痛くなってきた・・・。

ありゃりゃ~~、こりゃ大変!!
オットに「ちょっと熱が出たからヘルプ~」と軽い気持ちでメールした後に、本格的な風邪症状に襲われ、「夕飯も買ってきて~」と娘たちからメールしてもらうことに。
もう、この時点でメールも出来ず、夢の中へ・・・。

翌日、37度くらいに下がっていたので、もう大丈夫かな?と思って、朝食を作った後、またもや酷い悪寒に襲われ、洗濯物はオットと長女に干してもらい、また布団の中へ。
喉があまりに痛いので、鎮痛剤を飲んでいたのだけど、もしやインフルエンザだったら大変~~と思って、飲むのを止めたら、また38度を超えて来た。

ありがたいことに、事情を知った長女のお友達のママが「大変だから、長女ちゃん預かるよ。学校終わったらそのまま我が家に来て」と言ってくれた。
次女は帰って来て「ママ、大丈夫?」と聞いてから、公園に遊びに行き、帰って宿題をして、その後スイミングスクールに行った。
なんて、手のかからない年になったことか!?

そして、長女を預かってくれたママからは「何かいるものあれば、買ってくるよ」とメールがあり、その後長女を送り届けてくれた時に、夕飯一式も届けてくれた~
鶏そぼろご飯に、きゅうりとわかめの酢の物、にんじんの明太子和え。
ちょうど、スイミングスクールから帰ってきた次女と一緒に、長女は「めっちゃ、美味しい!!」と感激しながら食べていた。
さらに、別のママが一人用土鍋に入った熱々のおかゆとぽんかんを届けてくれた。
2人で相談して、娘達にと私に、夕飯を作って届けてくれたらしい。

その時39度を超えていたのに、おかゆも完食、おかずもちょっと食べさせてもらった。
感激と美味しさで涙が出てしまった。
こんなに美味しいもの、食べたことがないかも。
私は今まで困った人に、こういう形で助けたことがあるかしら?
すごく感激しながら、同じくらい反省もした。

ちなみに、子ども達がいない間に医者にかかって検査もしたけど、インフルエンザやアデノなどの感染症ではなかった。喉の腫れからくる熱でしょうとのこと。
抗生物質と鎮痛剤で、随分今日の午後から楽になり、夕方にやっと復活!!

美味しいご飯と気遣いで助けてくれたママ友、仕事を早く切り上げて子どもの世話や炊事・洗濯、洗い物などしてくれたオット、2人で相談して洗濯物を畳んだり、お風呂を洗ったり、洗い物をしてくれたり、パパを手伝ってくれた娘達。
本当に私って、いい人達に囲まれていることを実感。
みんな、ありがとう!!
この気持ちを忘れないで、私も困った人を助けられる、もっと気の利いた、優しい人になるぞ!!
・・・と決意したのでした。

ランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです 
        ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

めめ2010

Author:めめ2010
二人の娘達と夫との日常と子供服とルームシューズを中心に大好きなソーイングについて綴っています。

一部商品については、「creema」、「minne」にて販売しております。
私のブースはこちらをご覧下さい。
●creemaブース
●minneブース

Twitter:@mayumayukuno
Instagram:@mayumayukuno

イベントのお知らせ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
お知らせ (17)
家族のこと (46)
ソーイング (123)
ルームシューズ (57)
子供服 (43)
料理 (8)
その他手芸 (19)
お出かけ (23)
その他 (12)
ハンドメイドイベント (4)
猫 (1)

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR