topimage

2017-06

「誕生学」と現実… - 2016.02.14 Sun

今日は次女の小学校で、「誕生学」という公開授業があり、以前から「誕生学」というものに興味があったので、聞いてきました。

ざっくりと内容をいうと、

●どんな人でも命の始まりは、0.1ミリの大きさだった。

●お腹の中で大切に育てられた君達は、自分の意思で、誰からも教えられなくとも、お母さんに陣痛を起こし、体勢を整え、狭い「命の道」を回転したり、頭を小さくしたりしながら、命がけで生まれてくる。
何も出来ない赤ちゃんなのではなく、たくさんの努力と工夫をしながら、自分の力で生まれてきた。

●そして、生まれてくる時が一番辛い経験であり、それを乗り越えて来た君達は、この先どんなに辛い経験をしたとしても、生まれてくる時以上の辛いことはない。だから必ず乗り越えられる。自信を持っていこう。

●育てるときに、声をかけたりあやしたりされなかった子は、死んでしまうということがわかっている。
君達の中には大切な人を亡くしたり、辛い思いをして来た子もいるかもしれない。
でも、君達が今ここに存在しているということは、間違いなく、声をかけられ、愛情をかけられて育ったという証。

●そして、お腹の中でどうやって大きくなったかとか、羊水や胎盤と臍の尾のお陰でどのように大切に守られ、快適に過ごしてこれたかというメカニズム等々、

短い時間の中で、いろいろ教えていただきました。
こども達は自分は自信を持って生きていける存在であり、愛情を注がれてきたということをかなり実感するようです。

子ども達は初めて見聞きすることに興味を持ったり、驚いたりしながら、真剣に聞き入っていました。
母達も、体験してきたことを思い出したり、そのメカニズムを初めて知り、人体の神秘に改めて敬意を感じたりしました。

そして、私も陣痛が長くて大変だったこととか、胸に抱いたときにとめどなく溢れる涙に自分自身で驚いたこととか、10年以上経っているのに鮮やかに思い出されてきて、あの時の愛しくてたまらない気持ちを噛みしめるように思い出していました。
とてもいい公開授業だったと思います。

なのに…
次女の教室の前に貼ってあった詩。
「心が動いたときに詩が生まれる」
「感じたことを書いてみよう」と先生のお言葉が書いてあったんですけど、
次女のは、こんなん。
詩
大人はいいな

「勉強しろ」とお母さんに言われる。
だから勉強をした。
すると、「かたづけなさい」「服をしまいなさい」
「ランドセルをもっていきなさい」「宿題をしなさい」
と次から次へと言われる。
口ごたえをすると、もっとおこられる。
二つのことなんかいっぺんにできないのに。
もっと私の事を考えてほしい。
でもそんなにおこらないでほしいと言えない。
言ったら、ぜったいおこられる。
大人はけっこう自分勝手
私も大人になりたいな




確かに立て続けに干渉してるな~、私。
そうさ、大人は勝手さ~。
しかし怒らないでって言えない、言ったら絶対もっとおこられる・・・って。

もっと優しいお母ちゃんになります・・・なれるようにがんばります。
しかし、平仮名多くて気になるし、「詩」の定義がわかってなさすぎ・・・
あ、また口出しちゃうな、こりゃ。
いかん、いかん。

ポチッと応援していただけたら嬉しいです 
   ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます!!

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mememayu.blog.fc2.com/tb.php/346-a9c79bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二分の一成人式 «  | BLOG TOP |  » まだやってますよ~♪

プロフィール

めめ2010

Author:めめ2010
二人の娘達と夫との日常と子供服とルームシューズを中心に大好きなソーイングについて綴っています。

一部商品については、「creema」、「minne」にて販売しております。
私のブースはこちらをご覧下さい。
●creemaブース
●minneブース

Twitter:@mayumayukuno
Instagram:@mayumayukuno

イベントのお知らせ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
お知らせ (17)
家族のこと (46)
ソーイング (124)
ルームシューズ (57)
子供服 (43)
料理 (8)
その他手芸 (19)
お出かけ (23)
その他 (13)
ハンドメイドイベント (4)
猫 (1)
レッスン (0)

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR