topimage

2017-09

憲法記念日に。 - 2017.05.03 Wed

今日は「憲法記念日」です。

この国の首相は、今まさに、憲法改正。。。改悪?に向けて、ただならぬ意欲を見せています。
本当に「機は熟した」のでしょうか?
今、憲法を変えなくちゃならないのは、何のためでしょう?
国を守るため?
誰が攻めて来るのでしょう?
他国まで出かけて、集団的自衛権を行使しようとしているのは誰のため?
誰が誰を守るのでしょう?
攻撃ミサイルの先には「敵」ではなく「生きている人」がいて、その人には家族があり、生活がある。
それを忘れると、過去の悲しい時代に戻ってしまう気がします。


私は大学で憲法ゼミに所属していました。
まさか、こんなに日本国憲法をないがしろしに、積極的に変えていこうという首相が現れるなんて思ってもいませんでした。
でも私が知らなかっただけで、今の与党は長年の悲願なのですね。
現在の与党の改憲案は、この前文も廃止し、内容も驚く程国民の権利が制限されるものになっていますが、世論調査で出ているように、国民の過半数は本当にこの改憲案に賛成しているのでしょうか?

改正草案、内容はご存知でしょうか。
いろいろとありますが、これが一番わかりやすいかな?
改正草案の比較

憲法の前文には、その理念が書かれています。
全世界に類を見ない、平和を希求し、日本国民だけでなく他国の幸せにまで言及する、とても崇高なものです。
一つ一つの言葉に、願いや思いが込められていると感じ、若かりし私はこの国に生まれたことを感謝したものです。
この前文をまるまる削除してしまうというのも改正草案のひどいところだと思っています。

【前文】
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、 われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、 この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


私も忘れていることも多いし、そもそも学んでいないことも多いのですが、
現行の日本国憲法は、第一章は、象徴天皇、主権在民が述べられ、
補足を除く最終条項の第99条では、天皇と国会議員を含む公務員は憲法の尊重と擁護の義務を掲げています。

第1条〔天皇の地位・国民主権〕
 天皇は,日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて,この地位は,主権の存する日本国民の総意に基く。
第99条(憲法尊重擁護義務)
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

国民主権に始まって、公務員の憲法擁護義務に終わる日本国憲法は、為政者の権利濫用を抑制し、国民を守るべきものです。
これを為政者が変えようと言っている。
天皇の行為については、今の譲位に向けて「それは憲法違反だ」とかいろいろと言っておきながら、
国会議員が9条の「武力による威嚇又は武力の行使は,国際紛争を解決する手段としては,永久にこれを放棄する。」というのをないがしろにして、自衛という名の武装した集団を外国に派兵しているのは、武力による威嚇ではないのかな?
そもそも変えようというのは、憲法擁護義務には違反しないのかな?
素朴な疑問です。

ヒトラーの後継者として指名されるなどした、ナチスドイツのヘルマン・ゲーリングが、ミュルンベルグ裁判に関し、心理分析官に発した言葉です。
要約ですが・・・
「もちろん一般市民は戦争を望んでいない。・・・しかし、結局、政策を決定するのは国の指導者達であり、国民をそれに巻き込むのは民主主義だろうと、ファシスト的独裁制だろうと、議会制だろうと、共産主義的独裁制だろうと、常に簡単なことだ。
国民は常に指導者達の意のままになるものだ。
簡単なことだ。
自分たちが外国から攻撃されていると説明するだけでいい。
そして、平和主義者については、彼らには愛国心がなく国家に危険にさらす人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。
この方法はどの国でも同じように通用するものだ。」

この方式が今、私たちの目の前で行われているような気がして仕方がないのは、私だけでしょうか?
自分たちを守る憲法について語ることが、タブー視される、その風潮こそがコントロールされていると感じてしまいます。
守っていかねば。


関連記事
スポンサーサイト

近況!…生きてます。 «  | BLOG TOP |  » 最近の美味しいものレッスン

プロフィール

めめ2010

Author:めめ2010
二人の娘達と夫との日常と子供服とルームシューズを中心に大好きなソーイングについて綴っています。

一部商品については、「creema」、「minne」にて販売しております。
私のブースはこちらをご覧下さい。
●creemaブース
●minneブース

Twitter:@mayumayukuno
Instagram:@mayumayukuno

イベントのお知らせ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
お知らせ (17)
家族のこと (46)
ソーイング (125)
ルームシューズ (57)
子供服 (43)
料理 (9)
その他手芸 (19)
お出かけ (23)
その他 (13)
ハンドメイドイベント (4)
猫 (1)
レッスン (0)

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR